トップへ » 当医院について » 院長あいさつ・経歴 » 歯科医療には、「イマジネーション」が大事

歯科医療には、「イマジネーション」が大事

院長あいさつ私は、歯科医師には、想像力が必要と考えます。イマジネーションが大事というわけです。

患者さまがどういう心理状態にあるのか?患者さまがどう思っているのか?を想像しながら治療をするのです。医療というのは、病気を治すことが目的ですが、その前にまず人同士のコミュニケーションが大事です。そもそも患者さまが心を開いてくれる状況でないと、治療は難しいからです。

ですから、私はできるだけ患者さまとの対話を大切にしています。できるだけ、患者さまと対等にお話をし、患者さまと一緒に悩みながら最良の解決策を患者さまと一緒に考えます。

時々患者さまと一緒に時間を忘れて「う~ん」と悩むことも少なくないですね(笑)。でもそうした対話をシッカリと行うことで、患者さまも心を開いてくれるのです。その上で、「できるだけ、患者さまの希望にそった治療をすること」が大切だと考えています。


トップへ » 当医院について » 院長あいさつ・経歴 » 歯科医療には、「イマジネーション」が大事


コールバック予約

PAGE TOP